サイトマップ
物件を見る

あなたが最近見た物件

リストを開く

検討リストに7件の物件があります

不動産を探すなら|時事ドットコム住まい

住まいを生まれ変わらせるリノベーション物件

Beforeデザイン性と使い勝手が融合した住空間/リノベーション物件だから“オリジナル”が手に入る

After

時代を感じる中古マンションが今風の居室空間に生まれ変わる

リノベーション物件というとデザイン性が高いものの、使い勝手が悪いという印象を持つ人はいまだ多い。しかし、現在のリノベーション物件は刻々と進化している。そのひとつがリビタが手がける、この物件。2住戸一体型という元からの特異性ある間取りを生かし、LDKを境にパブリックスペースとプライベートスペースをきっぱり分けた空間作りをしている。新築ではまずお目にかかれないような個性的な物件だ。気になる価格のほうでも利点が多い。本来、この間取りであればなかなか手が出ない価格になるが、もとの躯体を使うリノベーションなら中身は新築と同等で、さらに割安で購入することができる。中古物件だからこそできる充実した居住空間の創造。リノベーションという考え方はこれからどんどん注目されていくだろう。
リノベーション物件ならではの3つの魅力
その1 オリジナリティがある個性的な家作りができる
その2 お仕着せの設備などない、自分だけのスタイルの家が持てる
その3 新築物件に比べて価格が断然にリーズナブル

Before

Before

Before

Before

After

家族との会話が弾むオープンキッチン
以前はリビングから隔離されていたキッチンがIHを導入したオープンキッチンに。もともとキッチンだった場所は全て冷蔵庫や食器などを収納する空間となった。家族や来客と話しながら料理をすることができる、今の時代のライフスタイルに即したキッチンだ。
無駄に広かったトイレを機能的なシューズボックスに
リノベーション前はトイレだった場所を、現在はシューズボックスに変更している。多人数の来客にも対応できる大容量を誇り、コート掛けもついているため、パーティーなどを開催してもしっかり収納できてスマートなもてなしができるだろう。
寝室からバスルームへ直接移動できる生活導線
以前はトイレと洗面所だった場所をバスルームと洗面所に変更。プライベートスペースにバスルームを配置することにより、よりすっきりとした空間作りが可能となった。ベッドルームから直接バスルームへいけるのでバタバタしがちな朝でもスムーズに移動できる。

この物件のリノベーションポイント
LDKの躯体を境にパブリックスペースとプライベートスペースに分けることで、メリハリある空間に仕上がっている。また収納スペースも充実しており、空間を最大限に活かせる。

Outline
専有面積/122.17㎡
間取り/1LDK+S
完成年月日/昭和52年9月
リノベーション竣工日/平成20年2月
株式会社リビタ 茅野さん
リノベーションの利点はその物件独自のオリジナルな部屋が作れること。同じ部屋はこの世にひとつとしてないので、自分だけの大切な家として大事にできるのではないでしょうか。中古というといまだにマイナスイメージを持つ方も多いのですが、それを上回る利点があることを弊社の物件を見ていただければ感じて頂けると思います。

powered byO-uccino(オウチーノ)

時事ドットコム住まいは、株式会社オウチーノから情報の提供を受けております。掲載情報の著作権は提供元企業に帰属します。記事の無断転用を禁じます。情報内容は保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。なお、株式会社オウチーノによる物件情報の更新は一日一度、毎日更新されております。時期および状況により物件の閲覧ができない場合や、情報登録日・次回更新予定日に差異が発生する場合があります。